厳しいと噂の成田山3泊4日の断食修行に行ってきました

雑記

ども

お久しぶりです。

まだまだ金谷の壇蜜ともろーです。

久々にブログを書こうと思ったのは、先日3泊4日で断食修行に行ってきたからです。アウトプットも兼ねて綴っていきたいと思います。(修行中電子機器持ち込み禁止だったので写真は全てどなたかのもの)

今回修行場となったのは成田駅最寄にある成田山という所です。

f:id:tomoro11-6:20180611121917j:plain

http://livedoor.blogimg.jp/hiratsu/imgs/f/4/f41f4f61.jpg

 なぜ断食修行に行ったのか


まず断食に行った理由から説明します。

それは、、、、、

2週間暇になって(というよりなんかぼ~としたくて暇したくて仕事を入れなかった)「旅行以外の何かをしたい」と前々から行きたかったヴィパッサナー瞑想に申し込みするも満員で無理。

では似たことって何かなぁ~と考えて辿り着いたのが断食でした。

ちょうど1か月近い不摂生のおかげで3キロも太ってしまっていたしダイエットも兼ねて申し込んだのです。
(ちょうど一年前も、同じくらいデブってファスティングしたっけ、、、)

www.tomoro-burike.com

成田山に申し込んだ理由は、いろいろ調べて一番良心的な値段だったのと、“修行”だったから。他にも断食できる場所はあったけど、1泊1万円とか、ちょっとなんか食べられる、とか値段的にも内容的にもピンと来なかったのです。

いろんな方の成田山断食体験ブログを拝見し成田山に決めました!!

いざ申し込み

んで、申し込みは昼の3時までに電話でって書いていたのでさっそく電話。

他の人のブログに「電話の対応が割と怖め」と書いていたので、ドキドキしながらかけるも、そこまで怖くはありませんでした。

「いつがいいの?」と聞かれ、

「(暇だったので)一番早く予約できるところで!!」とはりきって返答。

「一番早くて6月7日だね」

「(え~2週間も先かよ。待てない・・・)それまでにキャンセルが出たら早く行けますか???!!」

「いや、キャンセル待ちとかやってないから。どうすんの?くるの?」

「(ひぇ~~)じゃ、じゃぁ7日でお願いします。」

「じゃぁ今から大切な事言うからメモってね。準備はいい?」

と言った感じで5分ほどで予約完了。

持ち物

電話で言われたのは下記↓
・傘
・ボールペン
・着替え
・洗面用具
・タオル
・保険証
・目覚まし時計
・寝間着
・サンダル(不要と判断して持って行かず)
その他あった方が良いと思い持っていったもの↓
・空きのペットボトル
ティッシュ(箱ごとが便利)

持ってきてはいけないもの

・電子機器(スマホ、PCなど)
・仏教関連以外の本(実際道場に関係ない本いっぱいあったし、どんな本でも問題なさそうでした)

服は穴あきのデニムがNGだとやたら言われる。
汚くなければスウェットもOKとのこと。

注意事項

・断食の数日前から食事を減らすこと。
・当日8時に成田山近くの藤倉クリニックにて健康診断して診断書を持ってくること。
・そこから9時までに入堂すること。(遅れたら入れんぞって)
・断食中は体力消耗を防ぐためお風呂には入れない。

料金は健康診断が3330円。断食合宿は3泊4日で6000円。(いずれもおつりが出ないようにと言われる)
費用は2泊3日で5000円、それ以降は1泊につき1000円と良心的。
私が3泊にした理由は3泊以降は帰りの朝に重湯が出るから。

いざ当日(1日目)

前日のご飯は軽めに18時ごろ食べて、20時には就寝。
朝5時11分発の電車に乗って出発。
7時半前には成田駅に着。
スマホを持って行けないため、前もって準備していた地図を片手に藤倉クリニックを目指す。
なんとか迷わず到着。
成田の街並みはなんだか風情があってよかった。
帰りに元気があったら絶対に見たい。

f:id:tomoro11-6:20180611151319j:plain

https://4travel.jp/travelogue/11196973

 

8時前にクリニックに着。

ドアが開くのが8時からなので少し待つ。

そこで今日から同じ断食参加のおっさんに会う。

同世代イケメンとの出会いを心なしか期待していたため、ややテンションが下がる。

8時にクリニックにIN。

「8時半まで待ってろ」とのことなので待つ。
8時半に名前を呼ばれ、尿検査と血圧測って、先生に診てもらいOK。
診断書をもらっていざ成田山へ。
本日から参加するのは私含め3名とのこと。
さっきのおっちゃんと28歳の女性。成田山に着。
お世話係のおじさんに案内をしてもらい、“女子寮”たるところに入堂。
そこにはすでに断食中の3名の女性がいて中には2回目の入堂で6泊7日の強者が・・・(頭が脂ぎってた・・・)

修行中の決まり

修行中の決まりとしては以下です

・入堂期間中は境内の外に出るの禁止
・18時以降は道場外に出るのも禁止
・22時消灯
・水以外の飲食喫煙は禁止
・薬の服用も不可
・朝は4時半に起床して朝護摩供に参拝すること
・朝4時55分と14時55分に健康診断
・1日の水分摂取量を書く(専用の湯のみを渡されるので1日20杯、約2リットルほどは飲むように言われる)

なので基本的に一日中暇です。

1日目の経過

9時半には説明を終えて道場内へ。

早くもやることがないため、いったん布団を敷いて寝床を確保する。

この布団がうっすくてかったい。

上布団も敷布団並みにおっもい。

そうか、これが修行なのか・・・。

一旦寝て11時50分から1時間写経を体験してみる。
初めての写経だったが、せっかちな私はいかに早く書けるか、と見えない何かと競争し、さっさと書いてしまう。

はっと横を見ると、一緒に来たAちゃんはまだ半分。
「しまった、写経とは心静かに丁寧に書くものだった・・・!!」と気付く。

写経も終わってとりあえず池のある方に散歩してみる。
成田山の境内は公園や、池や滝、美術館、図書館もあり退屈しない場所だ。

しかし、朝から何も食べていないせいか、フラフラする。

もう全然池とかみたくない。

帰りたい。

帰って体力を温存しなければ。

ということで早々に帰宅。

帰ってもすることがないのでまた寝る。天井を見つめながら瞑想する。の繰り返し。

そして14時55分に健康診断。

健康診断と言ってもただの点呼で終わり。

そしてまた寝る。天井を見つめながら瞑想する。

この時、前日の18時から食べていないことを考えれば、すでに丸一日何も食べていないため空腹感がすごい。

うぅ食べたい・・・焼肉思いっきり食べたい・・・

入堂中同士の女子トークを期待していたが、みんなそんな元気もなくただひたすら寝る。

消灯時間関係なく19時には寝ていたと思う。

頭痛が辛かった(2日目)

朝の4時半に起床。

からだ、おもっつ

とりあえず体が重くてびっくりする。

重い体をせんべい布団から引き離し、何とか起き上がり健康診断へ・・・

朝の健康診断では、前日の水分摂取票を見せ、申し訳程度に「調子大丈夫?やってける?」と聞かれる。

そしてその後は5時半からの朝護摩供に行く。

(朝護摩とは・・・http://naritasan.or.jp/pray/ogoma.html

大本堂までの階段が辛すぎて登るのも休み休み。

食べ物のパワーってすごいなと思い知る。

あまりのグダグダ加減に参拝に来ていた老人に「大丈夫?断食中?頑張ってね☆」と励まされる。

護摩はなんだかうまく説明できないが、とにかく大勢のお坊さんが集まってみんなの願い事やらを燃やして、お経みたいなのを読む。そのお経みたいなのが本堂に響き渡ってなんだかとても気持ちいいのだ。不思議と落ち着いた。朝護摩は30分くらい。

護摩が終わり、道場へ戻る。そしてまた寝る。

この日は9時には起きて境内にある図書館へ・・・

嬉しいことにマンガもある。さいこー

安野モヨコ先生の『脂肪という名の服を着て』を読み時間をつぶす。

その他仏教関連の本もチラ見

その中で心にささった名言を書き留めておこう

・若者はみんな働くことに傷ついている

スマホの普及でいつもいつも他人の言動が気になってしまうと「これで十分」と満たされることがない。何だか気持ちが落ち着かない。ネット上の言葉が気になっていつも“不安”を抱えて生きている。

あ~焼き肉が食べた過ぎる。

レバーと赤身の肉を貪り食いたい。

キムチも食べたい。

帰ったら絶対隣の駅の焼き肉屋に一人で行って満足いくまで食べると決めた。

14時55分の健康診断を終えた後はひたすら爆睡と天井を見つめ瞑想の繰り返し。

やっとこさの3日目

4時半起床。

貧血でフラフラする。

護摩に行きたくない。

しかし頑張って起きて行く。

戻ってまた布団にバタン・・・

「でも、終わりが見えてきた。大丈夫。今日乗り切れば明日帰れる。」

幸いにも空腹感はない。

しかし体力もなく無の状態。

15時まで寝て、その後はひたすら天井を見つめながら考え事をする。

3日間天井を見つめて考えている時間が多かったが、ひたすら過去の事を思い出した。今の今まで忘れていた人や出来事まであらゆることを思い出した。

これもデトックスなのだろうか。

18時になり洗面台で頭を洗って就寝。

寝て起きたら粥食って帰るぞ!!

やっと帰れる!!(4日目)

4日目の朝。
いつも通り、4時半起床。

「ん?今日はなんだか体が軽い。頭もすっきり。朝護摩までの階段も辛くない。」

ということで、4日目は割と好調。

どうやら3日目までがしんどいらしい。

この日は朝回復食が出される!!

6時半。

重湯?3分粥?(どっちかよくわからん)、焼き味噌、梅干、緑茶が出てくる。

お腹は減ってなかったけど、食べたら食欲スイッチがONに・・・!!

2杯ほどいただきご馳走様でした。

他の断食者に「おかゆや緑茶が全身にしみわたり、まじっでうまかった!!」と聞いていたのだが、私の感想は「ただ普通においしい」だった。

デトックスが足りなかったのだろうか。

ちなみに宿便はでず。

これを書いている断食終了後3日後もまだ出ず。(便秘ではありません)

あと、最終日に生理が10日も早く来ました。

あとから調べたら断食中に生理が早く来る人もいるらしく、有害物質を体外に排出しようとする体の働きの一部らしい。なので生理が早く来たらデトックスがうまくいってる証拠みたい。

そしてこれはもう初日からでしたが、水が甘くおいしく感じれる舌になっていました。

感想

今回生まれて初めて3日間(前後の時間を合わせると84時間)も水以外の何も口にせずに過ごしたわけですが、感想はやってよかった。ということ。

人間、意外と「お腹減った」って思わないものだな、、、と。

ただ、「またやりたいか?」と聞かれたら微妙。今の時点では。

“食べる”という行為をしないと人間こんなにも暇なのか。とすら思いました。

あとは、携帯、PCなかったのでデジタルデトックスもできました。

始めは無意識に携帯を探してしまったりしていましたが、これも慣れる。いかにいつもスマホばかり見ていたのか気付きました。

体重は 51kg → 48.5kg

マイナス2,5kg

これをキープできればいいですが。

終わって2日間はきちんと回復食の玄米粥を食べて教えを守りました~

しかし昨夜、肉が食べた過ぎて2時間も肉の事を考えて眠れなかったので、この記事を書き終わったら今日は肉祭りをしたいと思っています。

あと、成田山の断食修行は厳しいと聞いていましたが、個人的にはそんな風には感じませんでした。お世話係の方やお坊さん、清掃のおばちゃんもみんな優しかったです。

まとめ

良かったこと

デトックスできた

・体重が減った

・食物のエネルギーの偉大さを知った

・しかし食べなくても大丈夫だと思えた

・したが敏感になった

・4日目以降頭がすっきり明るい気持ちになった

・お護摩を知れた

悪かったこと

・あえていうなら時間をうまく使えなかったこと(読みたい本をまとめて持って行くのはありだと思った)

ということで無事に終えた断食修行でしたが、気持ちや体のリセットをしたい!!という方にはピッタリだと思います~!!

追記

私はこの帰りに一駅隣の成田空港に寄りました。

それは空港が好きだから!!

飛行機が好きなわけではなく空港という場所が昔から好きなんです。

そんで断食帰りの、さえた頭で何が好きなのか考えていたら、わかりました。

それは・・・・

空港という場所はワクワクのエネルギーで満たされているから!!

そう!!空港はみんながこれからどっこかに旅立つ場所。わくわくのエネルギーで溢れてる。だからこの場所にいると無条件に元気が出るのだと感じたのです。

ということは、普段からそういうワクワクのエネルギー溢れている環境に身を置くことは結構重要だな、と改めて思ったのでした。

最後は何かバシャールみたいになってしまいましたが・・・・・

お わ り

コメント