毎月の給料が生活費に消えていって泣きそうな人たちへ

お金

どうも

金谷の壇蜜・関西のエロねぇさんかぁさんともろーです。

みなさん毎月の給料の使い道はどんなもんでしょうか。

毎月ぎりぎりチョップでひぃひぃしてますか。

ぎりぎりどころかマイナスになっていますか?

 

わたしは毎月ぎりぎりどころかマイナスで、財布の中には数百円のことも多かったし、毎月毎月お金のことで苦しくて仕方ない時期がありました。

今回は毎月の給料がただただ生活費に消えていって泣きそうな人たちへ向けて書きます。

どこかの部分がちょっとでも改善策になれば幸いです。



 都内にいた時のわたしの毎月必要最低コストは23万円だった

・家賃8万円

・光熱費1万円

・通信費1万2000円

・ローン1万円

・海外積み立て年金320ドル(約4万円)

・食費15000円

・交際費・経費5万

・交通費2万円

 

とまぁこんな感じで最低23~4万円ないと生活できませんでした。

削減できるとしても交際費・経費の所ですかね・・・

でも、もともと飲み会とかあまりいかなかったし、営業職だったので最低でもこれくらいはかかってました。

 

 

ちょっとでも余分に何か買うと一気にマイナスになる恐怖に震えてみる

これって最低限なので、例えば洋服を1万円かったらそれだけでオーバーしちゃうんですよね。

この時の固定収入は手取りで17~19万。

何かで補填しなければ毎月生活できない・・・

運よく、それなりに副収入があったため、なんとか生活。

しかし毎月怖かったですね。

今月生活できっかなって。

始めはそれにまさる収入をとればいいんだ~~~!!

って意気込んでたんですけど、普通に気持ちがしんどいんですよね。

そんな気張ってても、メンタルがもたないし。

つうか一人でさみしいし。(関係ないか)

 

もし必要コストがゼロ円になったら・・・

どれだけ気持ちが楽かしれやしない・・・

そしてわたしは考えました。

増やすことよりも心がすさまずにココ重要

(都会に住んだまま)どこまで生活コストを抑えることができるか。を!!

 

 

ひとつ一つ検証してみた

①家賃 1Rで8万なんて払いたくない!!

解決策①

人の家を渡り歩く方式。数週間ならいけんじゃね?寄生虫的発想。

解決策②

都内でも家賃が安い所に行く。

解決策③

そもそも家いる?ホームレスでもいけっかも。根本的に考えてみよう

 

②光熱費

家がある以上最低限かかるものはしかたない

 

③通信費

格安スマホにすることによって2000円に抑えてみる(でも更新月までは無理)

 

④食費

はケチりたくないな。外食でなく自炊でもちゃんとしたもの食べたいし。

そもそも元からそないにかかってへんからこれ以上下げると心がすさむ。

 

⑤交通費

歩くか?いや、営業やから仕方ないねん!!

 

結論。都内ではなかなか難しいと考え田舎にGO・現在

切り詰めても少しの差・・・

その為に極度のストレスにさらされるくらいなら、そもそも都会の暮らしを捨てたらいいのでは・・・?と思い、いろいろな経緯を経てわたしは現在千葉県の金谷という田舎に滞在しています。

 

ここに来た初月は3日間で100円も使わない日も多かったです。

節約は特にしてませんでした。

(最近飲むことが多いのでちょっと出費しがち)

金谷に来てからというもの

マジでお金の事忘れがちです。

金谷にきてとある15日間の出費

なんと12,673円

酒代可愛すぎませんか。

f:id:tomoro11-6:20170310191052j:plain

お金レコというアプリ。1年前から記帳してます。

自分が何にどれだけお金かけてるかすぐにわかるので、無料だしおすすめです。

で、現在の生活コストはいくらですのん

 

・家賃ゼロ(シェアハウスの管理人をすることに)

・海外積み立て年金320ドル(約4万円)

・交際費(食費入れて)3万くらいはほしい

・ローン1万円

・携帯2000円

・交通費ゼロ

 合計8万2000円 

 

積み立てとか止めちゃって全く遊びに行かなければ2万あればいける。

ともかく10万円あれば十分楽しんで生きていけるから、気持ち的にはだいぶ楽になりました。

なぜ田舎だと生活コストが安くすむのか

 

①そもそも家賃が安い

空き家も多いし頭を使えば激安で住める可能性も。

 

②交通費があんまりかからん

まず電車にのらん。他の田舎はわかりませんが、金谷は徒歩圏内になんでもある超優秀な田舎なのです。

 

③交際費が激減

くだらん飲み会もないし、飲んでも宅飲みがほとんどなのでそんなにかからない。

 

④物欲がなくなる

都会にいると街を歩くだけで、「あれもこれも」といろんな新しい商品が目にぶっこまれてきて無駄に欲しくなる。それがここではない。よって物欲が限りなくなくなる。

 

 

そんなこんなで今までは収入を上げることに一生懸命だったんですが

ここにきて支出を下げて生活をシンプルにすることの楽しさを知りました。

 

 

収入を上げるのももちろん良い。

収入を上げることがくだらないわけではありません。

ただ、収入ってそんなにすぐにあがりますか?

わたしは個人事業で歩合制だったので契約さえとれればかなりの収入がありました。

そのかわり契約が取れなければゼロの月もありました。

こういった営業以外で普通に会社員されてる方は収入を上げるのって難しくないでしょうか?

 

ちまちま130円のパンじゃなく100円のパンを選べって話ちゃうねん

節約や支出を抑えるというと「安いものを買う」をしてしまいがちです。

例えばコンビニで本当は130円のパンが食べたいけれど節約のため、あまり食べたくもない100円のパンを選ぶ。

経験ありませんか?

でもここで節約できるのはたかだか30円。1か月でも900円。

確かにチリも積もればですが、この時、自分の欲求を我慢するストレスはものすごいと思います。

30円てそれに見合う対価でしょうか。

こういった節約はストレスがたまるだけであまり有効的ではないと思います。

食費が一人で4万も5万もかかっているのであれば見直す価値ありですが、

そうでないのであればある程度好きなものを食べたい!!

食欲は3大欲求の一つです。

きちんと満たしましょう。

 

見直すべきなのは大きい支出

あなたの大きい支出は何でしょうか?

一番は家賃。

あとは洋服、外食、交際費、保険、使ってる意識のないコンビニでの無駄買い・・・

そのあたりでは?

家賃以外のものをまず見直してみてはいかがでしょうか。

行きたくもない飲み会に行っていないか。

自炊すればいいのではないか。

加入している保険は本当に必要かどうか。

そしてあなたを一番苦しめているかもしれない家賃。

本当にその家でないとだめなのか。

その近辺の家賃相場が高いのであれば

本当にその土地に住まなくてはいけないのか。

仕事上、仕方ないのであれば、本当にその仕事じゃないとだめなのか。

自分が当たり前だと思っていることを少し深堀すると、視野って広がります。

現にわたしは家賃8万円から

「家賃て本当に必要なんかいな?」

疑問を抱いたところから

「どうすれば家賃がかからず住むことができるか。」

と、一般的にはクソ人間じゃないかと思われる問いを自問し続け、現在家賃はゼロです。

 

もちろん場所のおかげもありますが、都内でも知恵を絞ればできると思います。

>>なんとか家賃なしで住まいを確保できないかと毎日願っていたら叶った話

 

まとめ

絶対に必要だと思ってるものが意外とそうでない場合もあります。

人それぞれのやり方があると思いますが、収入を上げるのが難しい方は、固定費を今よりも大幅に下げることを考えてみてはどうでしょうか。

わたしの場合は、収入を上げるためのメンタルがただただ、もたなかったので最大限に固定費・支出を下げる選択肢を選びました。

気持ちも楽になり、今まで見えなかったものが見えてきています。

非常識だと思ってることをいったん見直してみるのもよいのではないでしょうか。

コメント