新宿歩いていたら、「お母さん、ねね、おかぁさん。今から出勤でしょ。もっといい店あるから」とキャッチにあった


ども

 

金谷の壇蜜・関西のエロねぇさんともろーです。

どうでもいい話です。暇な人だけ読んでてください。

 

 

 

今日久しぶりに大嫌いな町新宿歌舞伎町を歩いていたら、キャッチにあいました。

キャッチと言っても”ラウンジ”とか”クラブ”ならいいけど、なんだか明らかに卑猥な感じがします。

 

「すみませんキャッチなんですけど。」

 

「・・・・・」

 

「ちょっとよろしいですか?」

 

「・・・・・」

 

「おかぁさん。ねぇねぇ。今から出勤でしょ?もっといい店紹介しますよ」

 

 

 

 

おかぁさん!!!!!?????

(しかも今から風俗店に出勤すると思われてる???!!!)

 

 

 

「ねねお母さん。聞いてる?お母さん」

 

 

 

無視。

 

 おかぁさん

おかぁさん・・・・?

おかぁぁぁぁさぁぁぁん・・・?

岡さん・・・・・・・・・・?

ダレ・・?

 

 

疲れ切ったバツイチ子持ちにでも見えたのだろうか。太って出ていた腹が産後を連想させたのだろうか。キャッチのお兄さんはもしも私が”お母さん”じゃなかった場合、気を悪くするとは思わなかったのだろうか。気を悪くされたらキャッチもくそもないと思わなかったのだろうか。だとしたら嘘でも”おねえさん”というのがキャッチの心得ではないだろうか。あの人は何年キャッチの仕事をしているのだろうか。仕事はうまくいっているのだろうか。仕事は好きなのだろうか。そもそもどんなお店に連れていくつもりだったのだろうか。声をかける基準はなんなのだろうか。何か嫌なことがあってイライラしていてわたしに嫌がらせをしてきたのだろうか。彼女はいるのだろうか。どこに住んでいるのだろうか。出身はどこなのだろうか・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

 

 

あー痩せよ。