読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今、都会に住むアラサー女性を絶叫させている東京タラレバ娘について解決策を考察してみる

どうも

金谷の壇蜜鼻くそゲスブロガー志望のともろーです。(パクリ)

(肩書まだまだ募集中)

 

みなさん今話題沸騰の東京タラレバ娘はご存知でしょうか

 

 コレコレ↓

f:id:tomoro11-6:20170309134154j:plain

引用:東京タラレバ娘/東村アキコ

 

 

ドラマでもやってますね(個人的にキャストには納得がいっていません)

f:id:tomoro11-6:20170309162546j:plain

引用:http://www.hulu.jp/tokyo-tarareba-girls

 

これがアラサー女性を悲鳴の沼へと陥れています。

かくゆうわたしもその一人。

 

 

10月くらいだったでしょうか。

仲の良い友人のひとりからこんなLINEが・・・

f:id:tomoro11-6:20170309162106j:plain

 

なんて親切な友人でしょうか。
まぁ読んでみなはれと。

さっそくRentaで購入。

 

恐怖のあらすじ

ここで勝手に解説していきたいと思います。
タラレバ娘を知らない人にはマジでどうでもいい話ですがスンマセン。

 

主人公の鎌田倫子は、ネットドラマの脚本家で33歳独身彼氏なし。
とまぁ都会にはこんな女子腐ってわくほどいますよね。
その仲間である香と小雪も同い年で独身彼氏なし。
何かにつけて3人で集まっては「あの時こうしてたら、もっとこうだったら、きれいにしてれば・・・」などタラレバ言っては愚痴ってるという、よくありがちな感じをおし出してきます。

 

途中から3人とも彼氏ができたりするんですが、元カレのセカンドだったり、不倫だったりと、まぁ幸せな結婚がしたいと言っている割に、そこから1番遠い所に身を置いてしまいます。どっひゃーーーーーーーーー

 

みんなそれぞれ、綺麗でちゃんと仕事もしていて、まさか33歳までひとり身でいるなんて思ってなかった。気付いたら女の子扱いされず「自分たちはもう女子ではないのか」と自虐的になる・・・う~ん

 

まぁざっとこんな感じかな。

 

ドラマでは設定が30歳に変わっているのと、女優がみんな28歳という若さなので、わたしは原作であるマンガを勝手に推奨したいと思います。

そこのあなたからすると30歳でも33歳でも同じやんけくそばばぁ!!なんてお思いになるかもしれませんが、声を大にして言いたい。
ぜっんぜん違います

 

ということで勝手にキャスティング

ということでドラマ版を誰がやってたらしっくりきたのか熟考してみました。
ともかく主人公3人は絶妙な焦燥感とか出せるリアルな年齢でなければなりません。

倫子・・・吉高さん。若いしまだまだ可愛すぎるので→尾野真千子あたり

香・・・榮倉ちゃんは何もかもが違う。茶髪も似合ってない→片瀬那奈がドンピシャ

小雪・・・大島優子。髪型眼鏡にあってんだけどな~小さいからイメージとあわないし若い。→芸人のあの人or水川あさみ

早坂さん・・・星野源でしょ。

KEY・・・金髪似合うのは菅田将暉or山崎賢人っしょ~~~

 

 

なぜ今このストーリーに多くの女性が悲鳴をあげているのか

25歳金髪イケメンKEY君が放つ辛辣な言葉の矢が体の中心部をグサグサグサグサ貫いていくんですね☆

都会にありきたりなストーリーだとしても、これだけ人気があるということはですよ。やはり、それだけこのストーリーに共感する迷走女子たちがいるということ。都会にはこんな女たちが、わんさかいらっしゃるということですわ。

そして自分が思ってる自分像と、世間から見える”自分たち”にギャップを感じ苦しくて苦しくて震えちゃうんです。

 

ともろー的共感ポイント

このドラマのいったいどこに共感するのか。

それは33歳という絶妙な年齢の設定と、女の子でありたいという切なる思いに、とってもとってもとぉぉぉっても共感するのです。イケメンKEY君が倫子ちゃんたちに言います。

「あんたらもう女の子じゃないんだよ」って

女の子じゃないんだよぉ

女の子じゃないんだよぉぉ

女の子じゃないんだよぉぉぉ

女の子じゃないんだよぉぉぉぉぉぉぉぉ

えええええええ
ワタクシタチ、オンナノコジャナインデスカ?
ダッタラ、ナンデスカ??!!ってね。

 

自分にあてはめて震えてみる

正直私はタラレバはほとんど言いまめん。
何が起こっても、こうなるべくしてなったと常々思っているからですね。(まーじーで)いや。うそです。去年は毎日「こーしてたら、あーしてたら。」と思っていた出来事がありました。スンマセン。まぁでも基本は↑的思考です。
結婚は、、、したいけどそれは結婚ていうよりはパートナーがほしいって感じです。


 わたしは今32歳ですが、正直31歳の去年までな~んとも思ってなかったし、なんの焦りもなかったけど32歳になって突如、本当に突如、自分の立ち位置が分からなくなったのです。

今までそれなりに年下キャラでかわいがられてきました。

しかし先日まで参加していたコミュニティではなんと最年長。

それどころか、30代すらいない。一回り下?

わたしがTRFでサムとビートを刻んでいた時に生まれた?はぁ?意味ぷぅですよ。

みんなからおばさんおばさんと言われ、良くてねぇさん。

OMG(oh my god)

おばさんはやめてくれ!!たのむ!!(土下座もん)とか思いながらもみんながそれで笑ってくれるなら!!と体をはって笑いをとる。
こんなところで悲しい関西芸人魂を発揮し、自らが汚れキャラになる。
(まぁそれが好きなんんですけどね☆)

でもね。でもね
わたしも女の子扱いされたい!!だって女の子だもん♡

 

というか世の中のだいたいの女子は同じことを思ってるはずで、「わたしは思ってない」なんて、そんなかまととぶってるお前。お前だよ!!無駄だ。

 

この東京たらたら(?)娘はそんな微妙な年齢の微妙な女心を全部代弁してくれているのです!!

 

結婚がすべてではない。
わかってるんですそんなこと。
誰でもいいから結婚したいわけじゃない。
ただ、分かり合える同じ方向を向いて歩いて行けるパートナーがほしいだけなんです。

 

なんでか。人は一人では生きていけないから。

生きてはいけるけど、対になれるパートナーがいるとき、一人の時では発揮できない力が湧き出てくるから。その力を感じたい。

そして喜びが倍になるから。

だからそんなパートナーを見つけることができた人を見ると、「本当にすごいなぁいいなぁ」と思うわけです。

 

言いっぱなしもあれなので無理くり解決策を考えました”ともろー的解決策”


ようは、気にしなはんな。
以上です。


もしタラタラ娘見て絶叫して焦って、やっべ~って思ったとしてもあなたは大丈夫です。そしてわたしも大丈夫。やっべ~って思うのは世間がそうみてると、あなたが思ってるからです。そして世間はあなたが思っているよりも、あなたの事を気にしていません。

自分の生きたいように生きてきたから今のあなたがいるわけです。そのあなたを受け入れてこれからもぱーっとやっていきましょうぜ!!

ちゃんちゃん